住宅ローン控除【確定申告】忘れたらヤバい必要書類まとめ

確定申告 住宅ローン 控除 必要書類 2016

悩めるアナタへ最新情報!
世間知らずの主婦が実体験した住宅ローン控除(住宅借入金特別控除)。

住宅ローン控除を受けるための確定申告って
方法も必要書類も2016年
に限らず分かりにくいですよね?

この記事では、
実体験を基にした住宅ローン控除の必要書類について
2016年度申告に向けて分かりやすい形でシェアしていきます!

これだけ読めば大丈夫!

スポンサーリンク

夢のマイホーム取得は、
アナタにとっても一生に一度のお買い物ですよね!

その種類も、
分譲マンションから、建売住宅、注文住宅、あるいは中古住宅など。

限られた予算の中で、
希望の立地条件や、敷地面積、床面積や、間取りなど、
マイホーム取得までは本当に多くのことを悩まれたと思います。

私もその一人です。
意見が食い違って家族で言い合いにもなりました。笑

そんな念願のマイホームを取得して、
引っ越しも落ち着いたのも束の間、アナタには大変な試練が待っています。

それが
住宅ローン控除のための税務署への確定申告(所得税・住民税の還付申告)」です。

確定申告の必要書類がわからない!」、
書き方がわからない!」、

そんなあなたへ
世間知らずな短大卒(笑)の主婦が
実際の経験を基に、確定申告での住宅ローン控除について
分かりやすく解説していきます!

住宅ローン控除(住宅借入金特別控除)とは?

初めに、
そもそも『住宅ローン控除とは?』について簡単に説明します。

税務署のHPでは、
正式には【住宅借入金特別控除】と表現されています。

平たく言うと、
住宅ローンを払ってる間は、所得税・住民税を安くしてくれるという制度です。

毎月給与から天引きされていた税金が安くなるのではなく、
必要書類を揃えて申告することで年末に払いすぎた税金が還付(返ってくる)されるイメージです。

住宅ローンを組んでいる方には国が税制的に優遇をすることで、
より積極的なマイホーム取得を後押ししてくれる制度です。

その優遇期間は現行の税制では最大10年間、
年末ローン残高の1%もしくは年間40万円のどちらか
小さい方の額が控除される仕組みです。

2,000万円の借り入れがあったとすれば、
1年間で20万円の税控除が受けれれることとなり、

4,000万円以上の借り入れをしている場合は、
10年間で400万円の控除が受けられることになります。

つまり住宅ローン控除の制度は、マイホーム取得とともに
ローン返済や固定資産税の支払いに追われるあなたにとっての最大の味方なのです!
そんな制度を使わない手はありませんよね?

それでは住宅ローン控除について
具体的に見ていきましょう!

スポンサーリンク

▽▼▽若ハゲにも!待望の新成分!▼▽▼
額なAGAに頼る前にこれを試そう!
↑↑↑売り切れる前にハゲ改善!↑↑↑

【住宅ローン控除に必須の書類は↓次のページで!】

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です