水泳ダイエット【効果的な方法と期間は?】●日で生まれ変わる!

水泳 ダイエット 効果的 方法 期間

水泳はダイエット効果が非常に高い運動です。
しかしながら「泳げない」という理由で敬遠している方もいらっしゃいます。

一度プールに行った方なら分かると思いますが、
プールで「泳がない」方も多くいらっしゃいます。
つまり、水の中で歩くだけでも十分な運動効果があるのです。

今回は水泳ダイエットで成功するための泳ぎ方や運動時間など
水泳ダイエットの方法と効果が表れるまでの期間について解説していきます。

スポンサーリンク

水泳のダイエット効果とは?

はじめに水泳のダイエット効果について紹介します。

驚きのカロリー消費

水泳は何とジョギングの2倍のカロリー消費があります

「私泳げないから」って方も安心してください。

ウォーキングを陸上と水中で比較しても、水中の方が2倍のカロリー消費があります。

水圧の力により、
知らず知らずのうちにそれだけのカロリーを消費することができるのです。

また、人体は寒いほど脂肪を燃やして体を温めようとする働きが活発になるので、
温水プールといえど体温より低い水温環境では通常より脂肪が燃えやすくなります

全身運動でぽっこりお腹も解消!

水泳は全身運動になりますので、
まんべんなく全身を鍛えることができます。

中でも上半身と下半身のつなぎ目である体幹は、
それぞれの動きを無駄なく伝達する必要がありますので、
最初は体幹が弱くフォームにブレがあっても、
自然に体幹が強化されることでブレのない泳ぎができるようになります。

ウォーキングの場合でも、水圧に抵抗して前進していくことで、
体幹にグッと力が入った状態が維持されますので、
ぽっこりお腹を引き締めることができます。

血流改善で健康に。

体温より低い水温に浸かると、
心臓は体を冷やさないように血流を増やします。

また、水圧の力に負けないように、
心臓のポンプ機能はさらに活性化します。

加齢とともに血流はどうしても悪くなってきますが、
血流が改善されると、冷え性・疲れやすさ・肩こり・頭痛なども改善されます。

結果として基礎代謝も上がるのでダイエット効果も期待できます。

スポンサーリンク

▽▼▽モテマッチョを目指そう!▼▽▼
一流アスリートコーチ監修の加圧シャツ
↑↑↑売り切れる前に腹筋を割ろう!↑↑↑

水泳で痩せる泳ぎ方は?

水泳のダイエット効果は、ご理解いただけたかと思います。

ここからは、、、

  • 「どの泳ぎ方がいいの?」
  • 「どれだけ泳げばいいの?」

などの疑問にお答えしていきたいと思います。

どの泳ぎ方がいいの?

結論から言いますと平泳ぎとクロールを組み合わせましょう。

泳ぎが得意って方は、
バタフライ・背泳ぎも取り入れていただいて構いませんが、
なるべく長い距離をゆったり泳ぐのが目的ですので、平泳ぎとクロールが最も適しています。

1回の泳ぐ量の目安としては、最初は20分間を目標に行いましょう。
そして、慣れてくれば30分~60分と時間を延ばしていきましょう。

お金のかからないジョギングは最初20分でもけっこう苦痛なんですが、
プールはお金を払っている分、結構頑張れます。笑

泳げないけど大丈夫?

「クロールさえできなくて高校の体育以降ずっと水泳は避けてきた・・・」
とプールダイエットに踏み出せない方もいると思います。

そんなアナタ!!!

「安心してください、歩けます。」

最近のプールは「ウォーキングコース」「25m泳げない方」
「25m泳ぐ方」「25m以上泳ぐ方」とコース分けがされており、
誰に気を使うこともなく、自分の目的に合った運動ができるように配慮されています。

また、私の通う市民プールでは追加料金なしで、
無料のレッスンを受けることができます。

クラスも「はじめてのクロール60分」など初心者向けに、
丁寧に指導を受けることができます。

他にも「水中エアロビクス」のレッスンなど、
定期的に開催されていますので、お近くのプールでも実施されているはずです。

話はそれましたが、
どうしても水に抵抗があってウォーキングで十分という方は、
こちらも20分間~実践してみてください。

ポイントは「大股で歩くこと」と
お腹に力を入れて水の抵抗を真正面に受け止めること」です。

これを意識することでカロリー消費と引き締め効果が随分違ってきます。

どれくらいの期間で結果が出るの?

どれくらい継続すれば効果が出るのか?
ってのもダイエット方法を選択する際、気になることかと思います。

  • 1回20分なら週3回
  • 1回30分~60分なら週2回

90日続けてください

  1. 最初の30日で体のバランスや体幹が鍛えられ
    正しい運動効果が得られるようになってきます。
  2. 60日が経つころには、筋肉がつき体が引き締まることで
    日常生活の基礎代謝が上がっていきます。
  3. そして90日が経つころには、消費カロリーがさらに増え、
    目に見えて体重が落ちてきます。

スポンサーリンク

成功の秘訣「たんぱく質」を味方につける!

水泳にかかわらず運動でダイエットする際のポイントは、
「たんぱく質」を適切に摂取することです。

筋肉は60日間かけて全身の筋肉を新しい細胞に生まれ変わらせます。
その材料になるのが「たんぱく質」です。

運動をしながらしっかりたんぱく質を取ってあげることで
若々しい強い筋肉に生まれ変わらせることができます。

まとめ

以上、水泳ダイエットについて詳しく解説してきました。

水中では、体で感じる以上のビックリするぐらいのカロリー消費があります。

メンタル的にも水中にいることで癒される効果もありますので、
水泳はあなたの生活の一部になるかもしれません。

こういった面でも水泳は継続できる数少ないダイエットのひとつとしておススメします。

▼▼▼▼ CHECK! ▼▼▼▼

ボクシング井上尚弥2016年【遂に対戦合意】次の試合の相手がヤバい!?

ボクシング【井上尚弥】弟の井上拓真が見据えるビックリ仰天プランとは!?

▲▲▲▲ CHECK! ▲▲▲▲

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です