水泳ダイエット【初心者が成功する距離やメニュー】の秘訣3つ

水泳 ダイエット メニュー 初心者 成功 距離

健康診断でお腹周りの脂肪がついに要注意に!水着姿はぽっこりお腹が恥ずかしい・・・
そんなあなたへ体を引き締めながらダイエットできる効果的な方法として水泳を推奨します。

お腹引き締め効果絶大な水泳ダイエットの初心者でも成功できる距離やメニューを紹介していきます!

これを実践すれば週1回から男女問わず結果を出せます!

スポンサーリンク

初心者でもおススメな水泳ダイエット!

水泳ダイエットはご存知の通り
スイミングの運動効果をダイエットに繋げようという趣旨のダイエット方法です。

スイミングの効果は?

まず、水泳の運動効果を正しく理解していきましょう。

主な運動効果としては、、、

  • 全身運動で、下半身・体幹・上半身をバランスよく鍛えられる。
  • 浮力で地上より足腰、膝や関節への負担が少ない。
  • 水圧で血行促進、血流改善効果があり、体の老廃物排出を促してくれる。
  • 体温より低い水温の中で体温を保つために脂肪燃焼に効果絶大。

などです。

高齢者や足腰に不安のある方でも無理なく運動できるうえ、
冷え性改善や引き締め効果などうれしい副次効果が期待できるんです。

 初心者でもカナヅチでも大丈夫!

水泳ダイエットを始めようと思っても、
水泳初心者やそもそもカナヅチの方はその時点で諦めてしまいがち。

でもご安心ください。
そんな方こそ水泳ダイエットにおススメなんです。

そのおもな理由は以下2点が挙げられます。

  • 普段慣れていない運動の方が脳にも体にも刺激となり、消費カロリーが増える。
  • 泳げるようになる過程で達成感を味わえる。

でも、どうやって泳げるようになるの?

これから水泳を始めるという方は、
市立プールなど公の施設を活用しましょう。

スポーツクラブに入会するのに比べて圧倒的に料金が安いからです。

しかも最近の市立プールや県立プールは、
スポーツクラブと遜色ない設備がそろっています。

プール選びの条件としては、、、

  • ウォーキング、25m泳げない人向け、25m泳げる人向けなどレベルに合わせたレーン(コース)分けをしてくれていること。
  • 「初めてのクロールコース」「水中エクササイズコース」など指導員が付いた各種レッスンが行われていること。

この辺です。

最近では公立の施設でも
ほとんどの温水プールでこういった取り組みが行われています。

こういったレッスンプログラムで
一から丁寧に泳ぎ方を教えてくれるので
初心者でもカナヅチだったとしても泳げるようになることができるのです。

また、プールの男女比としては時間帯にもよりますが
だいたい女性7、男性3ぐらいで女性が多いですのでご安心を。

スイミングのメニューや時間、頻度を紹介!

では水泳ダイエットの実践編に移りましょう。

泳ぎ方は?クロール?平泳ぎ?

まず、重要なのは泳ぎ方です!

そもそもカナヅチの方は
ウォーキングから始めて水になれるということも重要です。

その際は大きな歩幅で歩くように意識してください。

泳ぎ方別に消費カロリーを比較すると、、、

平泳ぎ<背泳ぎ<クロール<バタフライ

となります。

スポンサーリンク

▽▼▽若ハゲにも!待望の新成分!▼▽▼
額なAGAに頼る前にこれを試そう!
↑↑↑売り切れる前にハゲ改善!↑↑↑

ダイエットは生活習慣として継続するのが目標ですから、
おススメする泳ぎ方はずばり「平泳ぎ」です。

長距離を泳ぐのに最も適した泳法だからです。

スイム時間や距離は?

平泳ぎが最もおすすめな泳ぎ方をおすすめしました。

水泳ダイエットで最も効果のあるやり方は、長い距離をゆっくり泳ぐことです。

1回の目安は20分以上を目安にしましょう。

最終的には「1kmの距離を平泳ぎで止まることなく泳ぎ続ける」ことを目標にしましょう。

これでおおよそ20分~30分の時間になります。
25mプールであれば20往復になります。

ちなみに平泳ぎ1kmの消費カロリーは300kcal超です。

頻度は?頑張りすぎない週1回から!

水泳ダイエットで1kmの距離を目標に泳ぐことをおすすめしました。

では、週何回やるか?ですが、
ズバリ週1回からで大丈夫です。

正直なところ、
週1回ではすぐには体重に変化は表れないかもしてません。

しかし、体重以上にあなたのカラダに変化は現れます。
体重の変化はなくてもお腹周りが締まってくるのを実感できるハズです。

ダイエットは継続することが目標ですから、無理をして週3回でプール通いを始めて挫折するより、週1回で無理なく始める方がいいでしょう。

水泳ダイエット成功のための秘訣3原則!

以上、
水泳ダイエットのやり方を紹介してきました。

初心者の方やカナヅチの方からはウォーキングから。
経験者の方でも週1回1kmを目安に取り組んでいきましょう。

最後に痩せるための裏ワザ3原則をお教えしましょう。

  1. 運動後にはタンパク質をしっかりとる!
    運動後にはたんぱく質をしっかりとって、筋肉の回復に努めましょう。
    そうすることで、強いしなやかな筋肉が手に入ります。
    筋肉量が増えれば基礎代謝もアップするので、長期的なダイエット効果が期待できます。
  2. 慣れてきたらクロールも混ぜる!
    同じ運動でも徐々に人間の体は慣れてきます。
    そうすると最初のような運動効果が現れなくなってきます。
    そんなときは、クロールや他の泳ぎ方を時折混ぜることでマンネリやダイエットの停滞期を乗り越えましょう。
  3. プール友達を作る!
    「なんだそんなことか!」ってツッコミが聞こえてきそうですが、これって実はすごく大事なんです。
    プール通いを始めると「○曜日はあの人絶対いるな」「毎回8時にあの人来るな」っていう常連さんがいらっしゃるのに気づきます。
    そんな方に是非話しかけてみましょう。
    徐々に仲良くなってプールで会えば話を交わす関係になれば、それもプール通いの楽しみの一つとなって継続に一役買います。

スポンサーリンク

まとめ

天候に左右されず、年中いつでも温水プールで取り組むことができる水泳ダイエット。

老いも若きも、男女問わずどなたでも自信をもっておススメできるダイエット法です。

これまで敬遠していた水泳初心者の方も、一度勇気をもって取り組んでみてくださいね!

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です