村田諒太【筋肉スゴいけど身長は?】筋トレ方法があのメジャーリーガーと同じ!

村田諒太 筋トレ 筋肉 身長画像引用元:https://dot.asahi.com/

「疑惑の判定」で惜しくも世界のベルトを逃してしまった村田諒太。
竹原慎二氏以来のミドル級で日本人世界チャンピオン誕生はなりませんでした。

ミドル級といえばアフリカ系アメリカ人が歴代チャンピオンに名を連ねる最激戦区。
村田諒太がアジア人、日本人としてミドル級で戦える秘訣とは一体何なんでしょうか。

村田諒太の身長やミドル級で戦うための筋肉を作る筋トレ方法などを紹介していきます。
村田諒太とあのメジャーリーガーが実践している筋トレとは?

スポンサーリンク

村田諒太の身長は?ターザンでも大注目の肉体美!

世界で最も競争が激しいミドル級。

体重制限は69.853から72.575kgで、
ボクシングの本場アメリカでは最も人気のある階級です。

黒人の大男たちと互角に渡り合う村田諒太の身長は182cm

他のミドル級チャンピオンと比べてみると、
カネロ・アルバレス(元WBC世界ミドル級王者)=175cm
ゲンナディ―・ゴロフキン(WBA・IBF世界ミドル級王者)=179cm
と身長・リーチでは非常に恵まれています。

身長が高いとなると、
その分筋肉量は抑えざるを得ませんが、
村田諒太の肉体はトレーニング雑誌の「Tarzan(ターザン)」でも特集されるなど
非常に美しい筋肉美を誇ります。

村田諒太は筋トレをしていなかった!サプリは?

日本人2人目のミドル級での世界チャンピオンを目指す村田選手。

体格差を埋めるために、
さぞかしハードな筋力トレーニングをしているかと思いきや、
村田選手は俗にゆう、重りを挙げる「筋トレ」は一切行っていないんです。

村田諒太が筋トレを辞めた理由!

村田諒太選手はアマチュア時代、
国内では無敵だったものの国際大会ではことごとく負けていました。

その原因を外国人とのフィジカルの違いと分析した村田選手は、筋トレに活路を見出します。

しかし、その結果スピードの低下やバランスの悪化を感じ、
マシンやバーベルを用いての筋トレは不要と判断し辞めたそうです。

当時は専属のトレーナーもいなかったようですので
自己流のトレーニングにも原因があったかもしれません。

村田諒太愛用のサプリは?

筋トレは重視していない村田選手ですが、
サプリメントにはどんな考えを持っているんでしょうか。

村田選手のプロ転向後、
いち早くスポンサー契約を済ませたのはアンダーアーマーです。

アンダーアーマーの日本総代理店のドーム社は
「DNS(ディーエヌエス)」というサプリのブランドを展開しています。

DNSのサプリメントはあのダルビッシュ有選手が、
プロテインやクレアチン、BCAAなどを愛用していることでも有名です。

ただ、今現在はドーム社とのスポンサー契約が終了しているようで、
村田選手がどのようなサプリメントを愛用しているかは残念ながら不明です。

村田諒太が最重視するのは筋肉の○○○!

村田諒太選手が筋骨隆々の肉体とは裏腹に
筋トレは全くしていないことにはビックリしたと思います。

しかし、実は村田選手は違った観点から筋肉トレーニングを実践しているんです。

村田選手が重点的に行っているトレーニングは筋肉の柔軟性を引き出すトレーニングです。

筋肉の柔軟性を最大限に引き出す方法とは?

村田選手が筋肉の柔軟性を再大限に引き出すために行っているのは
初動負荷トレーニング」と言われるトレーニングです。

初動負荷トレーニングとは、
これまでの筋トレの概念とは全く違う、
筋肉の柔軟性を高め、スピードや加速力を最大限に高めるためのトレーニング方法です。

専用のマシンを使うことが必要となりますが、
専用のトレーニングマシンが設置された施設も全国に徐々に増えていっており、
アスリートを中心に注目されている新しいトレーニング方法です。

スポンサーリンク

▽▼▽モテマッチョを目指そう!▼▽▼
一流アスリートコーチ監修の加圧シャツ
↑↑↑売り切れる前に腹筋を割ろう!↑↑↑

初動負荷トレーニングはイチローが第一人者だった!

村田選手が取り組んでいる初動負荷トレーニングに
アスリートでいち早く注目したのがあのイチロー選手です。

イチロー選手は、オリックス時代に初動負荷理論に出会い、
渡米後も自宅や球場に初動負荷マシンを設置し、
日々トレーニングに励んでいたというのです。

そんな初動負荷トレーニングに、
あのダルビッシュ選手もトライした動画と感想がありますのでご覧ください。

ダルビッシュ選手のコメントにあるように
柔軟性や体のコンディショニングに非常に有効なようです。

クリロナ
シックスパッド

まとめ

以上、村田諒太選手の身長や、筋トレ、筋肉の秘密を紹介してきました。

村田選手の盛り上がった三角筋や大胸筋、腹筋を見ると
さぞかし過酷な筋トレに励んでいると思いきや、
村田選手は筋肉の柔らかさやしなやかさを重視していることが分かったと思います。

やはり、ボディビルダーと違って、
アスリートは見た目の筋力アップや筋肉量の増加だけでなく、
使えるカラダ作りに重点を置いているんですね!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です