井上尚弥VSロマゴン戦に対する海外の反応【ファイトマネーが凄過ぎる!】

井上尚弥 海外の反応 ロマゴン画像引用元:http://www.fujitv.co.jp/

日本ボクシング界の若きスーパースター井上尚弥(いのうえなおや)
彼のすごさは常に強い相手と戦ってきたことにあります。

彼の次なる標的と噂されるのは、
ロマゴンことローマン・ゴンザレスです。

既に世界的ビックネームとして認知されているロマゴン。
それに対して未だ国外での試合経験のない井上。

井上尚弥VSロマゴン戦実現へ向けての海外の反応を見ていきましょう!

スポンサーリンク

もはや敵無し?井上尚弥の華々しい戦績

井上尚哉選手は、
これまでのボクシング界の常識を覆す存在です。

まずは彼のこれまでの華々しい経歴を紹介していきましょう。

史上最多の高校7冠と、史上最速の6戦目での世界王座獲得

幼少期から父の真吾(しんご)さんの指導によりボクシングを始めた井上選手。

高校時代には史上最多記録となる高校7冠のタイトルを獲得しました。

そして高校卒業後は、大橋ジムからプロデビュー。

ライトフライ級(48.988kg)で
立て続けに日本タイトル、東洋タイトルを獲得します。

そして当時の国内世界最速記録となるプロ6戦目での世界王座獲得をかけ、
WBC世界ライトフライ級タイトルマッチのリングに上がります。

結果はメキシコのアドリアン・エルナンデス相手に6ラウンド圧巻のKO勝ちで、
見事当時国内最速の6戦目での世界タイトル獲得を達成しました。

この頃からリングコールでのニックネームは「Monster(怪物)」となりました。

世界のNAOYA “Monster” INOUEへ

井上尚弥が世界に「NAOYA INOUE」として認知されるキッカケとなったのが
2015年12月30日のWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチです。

井上はライトフライ級の体重維持に限界を感じ、
ライトフライ級からフライ級を飛び越え一気に
スーパーフライ級(52.163kg)に照準を合わせ最強のチャンピオンに挑みました。

チャンピオンの名はオマール・ナルバエス
当時スーパーフライ級王座を11度防衛し、
二度のオリンピック出場経験もあるアルゼンチンの英雄であり、絶対王者です。

試合は、わずか2Rで井上がナルバエスをリングに沈めます。

苦戦を予想していた日本のボクシングファンにとっては歓喜の瞬間でしたが、
絶対王者ナルバエスがあまりにもあっけなくリングに沈む姿は、
世界のボクシングファンにとってはショッキングな光景でした。

世界的ビッグネームであるナルバエスを撃破したこの試合に対しての海外の反応も良く
世界最速8戦目で世界王座2階級制覇を達成したことで
NAOYA INOUEの名前が少しずつ世界に知れ渡ることになりました。

しかしこの試合で右肩脱臼の負傷を負った井上は
手術により約1年間のブランクを強いられることになります。

そしてまだ記憶にあたらしい2015年12月29日、WBO世界スーパーフライ級の初防衛戦をワーリト・パレナス(フィリピン)と行い、これまた2Rに鮮烈なノックアウトにより勝利しています。

2016年の初戦は4月頃が濃厚ですが、指名挑戦者を迎え入れるのか、
ナルバエスの再戦要求を受けるのか対戦相手について様々な憶測が飛び交っています。

そんな中、井上本人が闘いたい相手として公言してはばからないのが
ローマン・ゴンザレス」です。

スポンサーリンク

ロマゴン強さのヒミツとは?↓次のページで!

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です