井上尚弥【アメリカ進出の目的はファイトマネー?】金額がケタ違いな件!

井上尚弥 ファイトマネー アメリカ画像引用元:https://ja.wikipedia.org

ボクシング井上尚弥のアメリカ進出が現実味を帯びてきました!
大橋ボクシングジムの大橋秀行会長も、「2016年内のアメリカ進出」の意向を明言しました。

ボクシング井上尚弥(いのうえなおや)が目指すアメリカ・ラスベガスのリングのファイトマネーの金額や実態を紹介していきます。

アメリカのリングがケタ違いに儲かるワケとは・・・?

→ 井上尚弥V6へ大事なアメリカ開催の詳細やテレビ放送についてはコチラ!

スポンサーリンク

年内に米国進出?井上尚弥の今後のプランは?

2016年4月8日、2階級制覇チャンピオンであり、
現WBO世界スーパーフライ級チャンピオンの井上尚弥が2度目の防衛戦に勝利しました。

指名挑戦者でランキング1位のダビド・カルモナ相手に
1度ダウンを奪っての大差判定勝ちでした。

田口良一戦以来、
キャリア2度目の判定決着となった井上なおやですが、
2回に右拳を負傷していたのが判定にもつれこんだ原因だったようです。

また中盤には左拳までも痛めたそうで、両拳をケガしての戦いでした。

試合から一夜明けの会見では、真っ赤に腫れた両拳が痛々しい井上でしたが

打撲で1ヶ月程度で治る見込み

とのことで、1週間後には他の練習を再開しているようです。

会見の席では、
陣営の大橋会長とトレーナーの父・井上真吾氏は今後の予定について

  • 次戦は2016年9月を予定。
  • 年内(2016年中)にアメリカで試合を実現したい。

という仰天プランを明かしました。

かねてから強い相手を求めて
ボクシングの本場アメリカへのリングへの挑戦を示唆してきましたが、
所属ジムの会長もお父さんも遂にGOサインを出しました。

9月の試合は前王者オマール・ナルバエスとの再戦が濃厚ですが
アメリカ進出が実現すれば、2017年にもロマゴン(ローマン・ゴンザレス)との対戦が実現するかもしれませんね!

スポンサーリンク

▽▼▽息 臭いと思われていませんか?▼▽▼
口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ 携帯ラクラク!!

井上尚弥が目指すアメリカのリングとは?

言わずと知れたボクシングの本場アメリカ。

米国のリングでは、
常に世界が最も注目を寄せる試合が行われてきました。

中でも最も権威のあるリングが
ネバダ州はラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナのリングです。

MGMグランドは由緒あるカジノホテルで、金のライオン像が有名です。
このホテルのリングは世界中のボクサーの憧れの舞台となっているのです。

そしてこの舞台に立つボクサーには実力さえあれば、
国籍も人種も関係なく観客が歓声を送ります。

  • フィリピンのマニー・パッキャオやノニト・ドネア
  • メキシコのファン・マヌエル・マルケスやマルコ・アントニオ・バレラ
  • インド系イギリス人のナジーム・ハメドやアミール・カーン

数多くの外国人がラスベガスのリングで歴史に残る熱戦を戦ってきました。

その舞台に日本人の井上尚弥が挑もうとしているのです。

このリングで求められるものは、
なんといっても「魅せるボクシングです。」

観客が盛り上がるボクシングをする必要があるのです。

反対にいえばフロイド・メイウェザーなど
勝ちに徹するディフェンシブなボクシングをするボクサーには
容赦ないブーイングが飛びます。

この点では、これまで日本のリングでも「倒す」ことにこだわり、
拳をケガした状態でもKOにこだわって戦ってきた井上尚弥であれば、
ラスベガスのファンの心をつかむのは容易でしょう。

アメリカのファイトマネーとは?300億円も夢じゃない?

アメリカのリングではファイトマネーも桁違いです。

世紀の一戦と言われた
フロイド・メイウェザーVSマニー・パッキャオの1戦では、
2人あわせて1試合でなんと360億円ものファイトマネーを手にしました。

ビックリですよね。
それにアメリカのスポーツ選手の長者番付1位は
なんとこのフロイド・メイウェザーなんです。

アメリカといえばNBAやNFLがメジャースポーツな気がしますが、
コービー・ブライアントやタイガー・ウッズを抑えて
ボクサーが最もアメリカのスポーツ界で稼いでいるというのです。

これにはアメリカのボクシングの試合のテレビ放送のシステムが大きくかかわっています。

アメリカのボクシングのTV放送はPPV(ペイ・パー・ビュー)といって自分の見たい試合をケーブル局に数千円のお金を支払って視聴するという仕組みになっているのです。

⇒ PPV方式の詳しい仕組みについてはコチラへどうぞ。

ということで、
アメリカのリングはファンに「見たいと」思わせることができるボクサーであれば
巨額のファイトマネーを手に入れることができるのです。

反対にペイパービューの売り上げが低かったボクサーに関しては、
以後試合すら組むことは困難になり、アメリカのリングから事実上追放されてしまいます。

つまり、放映権を持つケーブルテレビ局の意向が
マッチメイクにも大きく影響しているのです。

そんなボクシングのPPV放送を牛耳るのが
HBOとSHOWTIMEの2大ケーブルテレビ局です。

~井上尚弥アメリカデビューへの道~まとめ

スポンサーリンク

以上、アメリカ進出も秒読み?となった井上尚弥について紹介してきました。

ペイ・パー・ビューというシステムは日本には無いシステムですが、アメリカの試合は日本ではWOWWOWの「エキサイトマッチ」という番組で見ることが出来ます。

日本のボクシングとは一味違う、エキサイティングな試合が見ることが出来ます。

井上尚弥のハードパンチをアメリカのリングで見る日が来ることが待ち遠しいですね!

▼▼▼▼ CHECK! ▼▼▼▼

亀田三兄弟の母親【離婚後の現在は姫月と2人暮らし?】興毅の言葉が感動的と話題に!

ボクシング井上尚弥の嫁が美人な件

ボクシング【井上尚弥】弟の井上拓真が見据えるビックリ仰天プランとは!?

▲▲▲▲ CHECK! ▲▲▲▲

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です