井上尚弥【アメリカでの気になる評価は?】強い理由は○○法?【衝撃写真】

井上尚弥 アメリカ 評価 強い

画像引用元:http://number.bunshun.jp/

来る2017年9月9日、遂に日本の怪物井上尚弥がアメリカで「NAOYA INOUE」としてデビューします。

「SUPERFLY」と銘打たれたこの興行では、井上VSアントニオ・ニエベスの他に、ロマゴンVSシーサケット、クアドラスVSエストラーダとスーパーフライ級のトップ戦線を走るボクサー達の試合が3試合も行われます。

日本人としてはもちろん井上尚弥に一番注目したいところです。

次戦アメリカでV6防衛戦を行う井上尚弥について、「強い」と評価される理由と、海外の反応について検証していきたいと思います。

井上尚弥の強さは本場ラスベガスでも通用するのか?

スポンサーリンク

井上のアメリカデビュー戦の試合日程&対戦相手は?

かねてからボクシングの本場アメリカのリングで戦うことを目標にしてきた井上尚弥。

ようやく決まったアメリカデビュー戦の情報をお伝えしていきましょう。

試合日程は9月9日!「SUPER FLY(スーパーフライ)」に大注目!

井上尚弥のアメリカデビュー戦の試合日程は2017年9月9日。

試合会場は、
アメリカカリフォルニア州のカーソン、スタブハブセンターです。

アメリカでも一番の会場はラスベガスですから、
今回はアメリカでは地方興行といったところでしょうか。

しかし、「SUPER FLY」と名付けられた今回の興行は
名前の通り「スーパーフライ級」のトップボクサーが数多く出場します。

井上尚弥はWBO世界Sフライ級チャンピオンとしての6度目の防衛戦を
アントニオ・ニエベスを相手に迎え行います。

また、前戦でキャリア初黒星を喫した元WBC世界Sフライ級チャンピオンのローマン・ゴンザレスが、ベルトを明け渡した因縁の相手シーサケット・ソールンビサイを相手にダイレクトリマッチを行います。

更に更に、かつて井上、ロマゴンに次ぐ第三の男として注目されていたカルロス・クアドラスが、元フライ級統一王者から階級を上げてきたファン・フランシスコ・エストラーダとスーパーフライ級のサバイバルマッチを行います。

つまり、今後のSフライ級、軽量級戦線を占ううえで非常に重要なのが今回の興行なのです。

スポンサーリンク

▽▼▽若ハゲにも!待望の新成分!▼▽▼
額なAGAに頼る前にこれを試そう!
↑↑↑売り切れる前にハゲ改善!↑↑↑

アントニオ・ニエベスの実力や戦績は?強い?

井上のV6戦の挑戦者、アントニオ・ニエベス。

彼はWBOの世界バンタム級7位にランキングしており、今回の試合スーパーフライ級には一階級落としての挑戦となります。

年齢は30歳、戦績は20戦で17勝1敗2分となっています。

17KO中9つのKO勝ちが含まれています。

オーソドックスで基本に忠実なボクシングスタイルながら、身体能力の高さを活かしたボクシングをしますが、パワー、スタミナ、スピード、どれをとっても井上が上回っています。

個人的には井上尚弥の後半KO勝利を予想します。

「NAOYA INOUE」の海外の評価、海外の反応は?

次に、海外デビューを前にした井上尚弥の戦前の評価や海外の反応を紹介していきたいと思います。

リングマガジン社の海外サイト「The Ring」では、
ロマゴンを抑え井上尚弥がスーパーフライ級最強の座に評価されています。

しかし、全階級を通してのPFP(パウンドフォーパウンド)ランキングでは、
昨年9位にランクインした井上選手は現在トップ10圏外。

先日初黒星で王座陥落した山中慎介選手が10位となり、
日本人唯一の10位圏内となっています。

アメリカやラスベガスのリングでも既にお馴染みとなっている、
ロマゴンやクアドラスと比べれば、やはり井上選手の認知度はまだまだ低い印象です。

そういった意味でも、
次のアメリカ初戦は、海外の評価を高める上で非常に重要な一戦となりそうです。

スポンサーリンク

井上尚弥が「強い」理由はボクサー離れした○○法?

井上尚弥選手が「怪物」としてアマチュアからプロボクシングの世界に現れて早や5年。

怪物と表現される理由は、その圧倒的なパワーにあります。

ガードの上から相手をなぎ倒す破壊力、パンチ力は本場アメリカでも一番のセールスポイントになります。

その強さは一体どこから生まれたんでしょうか?

ボクサーらしからぬ食事法が井上尚弥の強さの秘密!

アスリートなら練習の質と量を高めるのは当然です。

井上尚弥も父・真吾トレーナーや弟・拓真選手と、日々様々な練習方法で己を追い込んでいます。

しかし、井上ファミリーが練習以上に重きを置いているのが「食事法」です。

井上尚弥選手は軽量級とは思えないトンデモナイ食事量で圧倒的な練習量をカバーしていたのです。

特に「肉食系」と自分で表現するほど毎食肉は欠かさないようで、これがカラダを作る「たんぱく質」を豊富に摂取できるポイントになっています。

たんぱく質が不足していれば、練習での筋肉の酷使・リカバリーが賄えなくなるためです。

その甲斐あって、井上選手の体つき、筋肉は常に2階級以上上の選手のそれと見間違うほどです。

井上尚弥 アメリカ 評価 強い

画像引用元:https://twitter.com/

これは井上尚弥の2階級上の日本チャンピオンとの写真ですが、
どう見ても井上尚弥選手の方が階級が上に見えますよね。

最近は、肉食の中でも、脂肪の少ない鶏むね肉を中心に選択したり野菜を多めに摂るなど、減量への配慮もしているようですが、ハードな練習に備え、リカバリーするには食事方法が重要なんですね。

「アスリートは食べるのも仕事」

井上尚弥はこれの典型なのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ボクシング大国アメリカへ初参戦前の井上尚弥選手の海外の評価や反応をお伝えしてきました。

「強い」と評価される理由はその総合力の高さにあると思います。

アメリカでも一気に人気が出る可能性は十分にあります。

試合の模様は、WOWOW「エキサイトマッチ」でライブで生中継されますので、お見逃しなく!

WOWOW ボクシング

■□■パッキャオの生中継が見れる【WOWOW公式サイト】はコチラ↑■□■

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です