井上尚弥【ロマゴン戦を村田と生中継解説!】視聴方法と対戦時期の真相・・

ロマゴン 生中継 井上尚弥 村田 解説画像引用元:https://twitter.com/

井上尚弥の最大のライバルとしてファンから対戦を熱望されて久しいロ―マン・ゴンサレス。

そんなロマゴンの次戦が2017年3月19日に生中継されます。
日本時間で日曜日の午前~昼にかけて生中継されるという絶交のタイミングです。
しかも村田諒太が狙うミドル級王者ゴロフキンの防衛戦も同じリングで行われます。

そして、ロマゴンとの対戦を狙う井上尚弥、
ゴロフキンのミドル級を狙う村田諒太が生中継の解説に登場します。

放送はもちろんWOWOW

井上尚弥と村田諒太がWOWOWの生中継で解説を務めるロマゴン&ゴロフキンの次戦について紹介していきます。

インタビューで井上尚弥が遂にゴンサレスとの対戦時期を明言!

ロマゴンVSシーサケット!井上尚弥が意外な予想を!

日本ボクシング界のエース、井上尚弥(いのうえなおや)。

24歳にして井岡一翔や山中慎介など全階級の世界チャンピオンの中でも頭一つ抜けた存在となっています。

そんな井上選手が
対戦をかねてより熱望しているボクサーがローマン・ゴンサレスです。

日本でもロマゴンの愛称で親しまれ、
帝拳プロモーションのもと日本のリングでも数多くのKO劇を演じてきました。

そんなロマゴンの3月19日の相手はシーサケット・ソールンビサイ(タイ)。

戦績は46戦41勝4敗1分。

日本人との対戦経験も多く、
初来日となった2009年には八重樫東にKO負けしていますが、
2013年には当時WBC世界スーパーフライ級チャンピオンだった佐藤洋太からのベルト奪取に成功しています。

その後、カルロス・クアドラスにベルトを奪われますが
タイ人らしいパワーを前面に押し出した強打や連打、
コンビネーションはなかなかのものです。

ロマゴンにとって
サウスポースタイルとの久しぶりの対戦ということも見どころになるでしょう。

ゴンサレスとの対戦を心待ちにしている井上尚弥は、この試合の勝敗予想を

7対3でロマゴンの有利としています。

また「ゴンザレスにとってリスクの高い試合。何が起こるか分からない。」

とインタビューに答えています。

これまでもロマゴンの強さを
「総合的にすべての面でずば抜けている」と認めていた井上尚弥にしては
今回の予想は意外な気がします。

スーパーフライ級に転向後は、
パワー面でこれまでの階級ほどアドバンテージを見いだせなくなっているロマゴンだけに、攻撃型のシーサケットとの試合内容は注目となりそうです。

ミドル級の無敗王者ゴロフキンとは?村田の世界初挑戦も決定!

ロマゴンVSシーサケットの試合が行われるのは
アメリカのマジソン・スクエア・ガーデンです。

ボクシングの本場ラスベガスのリングで行われますが、メインイベントではありません。

メインでは世界ミドル級タイトルマッチの試合が行われます。

対戦カードは

WBC、IBF、WBA(スーパー王者)の3団体統一王者のゲンナディ・ゴロフキン

VS

WBA王者のダニエル・ジェイコブス

です。

ジェイコブスが番狂わせを起こすか!

「神の戦士」と呼ばれる36戦全勝の最強のボクサーであるゴロフキン。

ここまでのキャリアで全く危なげない試合で勝ち続けています。
それに対するは難病から復活したジェイコブス。

ジェイコブスは脊髄の「骨肉腫」の除去手術から見事カムバックしチャンピオンになった経緯があり、実力もゴロフキンがこれまで対戦した中では一番強い相手です。

WBAのスーパー王者であり、他の2団体のチャンピオンでもあるゴロフキンとWBAレギュラー王者のジェイコブス。

3団体統一のミドル級タイトルマッチとなるこの試合。

アメリカで人気のミドル級とあって
ロマゴンVSシーサケットよりはるかに注目を集めています。

オッズは6:1でゴロフキンが有利となっていますが、
病から復活したジェイコブスの不屈の闘志がアップセット(番狂わせ)を起こす可能性は大いにあります。

村田諒太の世界初挑戦が2017年5月20日に決定!

WBAスーパー王者のゴロフキンとWBA正規王者のジェイコブス。

WBAにはさらに暫定王者のハッサン・ヌダム・ヌジカムがいますが、
ミドル級の元金メダリストでWBAランキング2位にランクされる村田諒太の世界初挑戦が決まりました。

暫定王者であるヌジカムと王座決定戦を行うことになりました。

試合は
2017年5月20日有明コロシアムで行われます。

ゴロフキンVSジェイコブス戦によって空位になるWBA正規王者をかけ
暫定王者ヌジカムと金メダリストが戦います。

村田諒太にとっては初の世界戦で世界チャンピオンのベルトを獲得することができるのか、大注目です。

本場の試合はWOWOWの生中継で!

井上尚弥との対戦が期待されるロマゴンの次戦。

村田諒太が戦うミドル級の頂上決戦。

この2試合は3月18日同じリングで行われます。

2017年で間違いなく一番の注目の興行です。

日本時間の3月19日の昼に行われるこのイベントですが、
日本でも生中継をテレビ観戦する方法があります。

2017年3月19日午前10時よりWOWOW「エキサイトマッチ」にてライブで生中継されるんです。

しかも井上尚弥、村田諒太の二人がゲスト解説に登場します。

世界のボクシングを日本で視聴できる唯一無二の方法がWOWOWに加入することです。

WOWWOWの番組「エキサイトマッチ」では
ラスベガスや各国のボクシングの試合を毎週放送しています。

アメリカではPPV(ペイパービュー)システムによって毎試合数千円の視聴料が必要ですが、日本なら一度WOWWOWに加入すれば以降はずっと自宅のテレビで見放題。

さらにレンタル開始前の最新映画や海外サッカー、UFCなど充実の番組内容です。

新規加入にはたった15分で視聴開始できるようなので手続きもめちゃくちゃ簡単です。

ネットからの申込なら通常2,300円の視聴料が
2ヶ月1,800円になるキャンペーンも開催中です。

WOWOW ボクシング
WOWOWの簡単登録はコチラから!↑↑↑クリック↑↑↑

初期費用や加入料は一切不要なので有料チャンネルの中でもかなりお得な料金設定です。

井上尚弥がアメリカに本格進出した際もWOWWOWの「エキサイトマッチ」だけが独占放映する可能性もあり、加入するなら今ですよ。

まとめ

以上、
2017年3月19日にWOWOW「エキサイトマッチ」で
テレビ放送される大注目の世界戦2試合の情報をお伝えしてきました。

戦前にWOWWOWが行った井上尚弥へのインタビューでは

12月までにロマゴンと戦えればいい

と初めて本人が対戦時期を明言しました。

ゲスト解説では更なる最新情報を語る可能性も大なので、井上尚弥・村田諒太ファンの皆さんは試合までにWOWOWに加入しておくことをおすすめします。

WOWOWのおトクな加入先はコチラ↓

WOWOW ボクシング

↑↑↑今すぐクリック↑↑↑

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です