ボクシング井上尚弥【遂に対戦合意】次の試合の相手とは?!

ボクシング 井上尚弥 次の試合 2016

ボクシングの世界チャンピオン。
現在日本人の世界チャンピオンは4団体合わせて9人がその座に君臨しています。

その中で二番目に若い22歳という年齢ながら
早くも日本人歴代最強との呼び声が高いボクサーが【井上尚弥】です。

ここではボクシング界のニュースター、井上尚弥の次の試合を含めた2017年の展望をみていきましょう。

ナルバエスとの再戦は?
かねてから噂されるニカラグアの怪物との対戦は実現されるのでしょうか?

井上尚弥【2017年9月にアメリカ進出か!】ロマゴンとの最新情報!

スポンサーリンク

井上尚弥とは?何が凄い?

井上尚弥(井上なおや)は1993年4月生まれの22歳です。

現在大橋ボクシングジムに所属しており、
プロキャリアは9戦全勝8KO。

日本ライトフライ級、東洋太平洋ライトフライ級の地域タイトルを獲得後、
WBC世界ライトフライ級、WBO世界スーパーフライ級の2階級制覇を成し遂げています。

現在は2つ目のベルトであるWBOスーパーフライ級チャンピオンの座を獲得後1度の防衛に成功しています。

華々しいアマチュアキャリア

同じくボクサーだった父の影響で小学校1年生の時にボクシングを始めます。

高校はボクシング部のない相模原青陵高校に進学するも、
父の経営するジムと、大橋ボクシングジムで練習に励み、
見事高校3冠(インターハイ、国体、選抜)を獲得しています。

18歳で挑んだロンドンオリンピックの出場権がかかるアジア選手権で惜しくも決勝で敗れ、五輪出場権を逃し、プロ転向を表明しました。

五輪出場こそならなかったものの18歳の若さで五輪まで「あと一勝」のところまで行くのは歴史的な快挙でした。

アマチュアの通算戦績は75勝6敗です。

プロでもパーフェクトレコード。井上尚弥のボクシング内容もすごい。

大橋ジムからプロ転向を決意した井上尚弥(いのうえなおや)選手ですが、
ジムとの契約書に付け加えた「ある条件」がいきなり世間を賑わせました。

その条件は、「強い選手と戦う。弱い選手とは戦わない。」という一文でした。

これは本人が希望して付帯された条件のようですが、
最短での世界王座獲得も視野に入れての条件だったのでしょう。

ジムとしては、
年齢も考慮して地道にプロキャリアを積ませたかったのが本音でしょうが、
本人は世界王座の獲得は確信していたようです。

そして有言実行、
20歳で迎えたプロ6戦目で
当時の日本人歴代最速でWBC世界ライトフライ級王座を獲得します。

この記録は、
のちに田中恒成選手によって「5戦での世界王座獲得」に更新されています。

しかし、このときから10kg以上の過酷な減量を強いられていたため、
7戦目で一度防衛に成功したのち一気に2階級上への階級変更を表明し、
王座は返上しました。

そして8戦目でいきなりWBOスーパーフライ級の世界のベルトに挑戦します。
その相手はアルゼンチンの世界的ビッグネーム「オマール・ナルバエス」でした。

「一気に2階級を上げてのいきなりの世界挑戦」

「4年間以上王座に君臨し、11度防衛に成功しているチャンピオンへの挑戦」

などさすがの井上にも厳しすぎるマッチメークに思われましたがなんのその
なんと2Rに井上がナルバエスをノックアウトでリングに沈めます。

その後、拳の怪我もありほぼ1年間のブランクを作りますが、
2015年12月29日WBOスーパーフライ級の初防衛戦をフィリピンのワーリト・パレナスと行い、これまた2Rノックアウトで初防衛に成功しています。

2016年2月現在、プロ9戦全勝で判定決着もわずか1試合
まさにパーフェクトレコードで、早くも日本人王者歴代最強の声も数多く挙がっています。

2017年以後の展望。次戦の相手は?怪物との対戦はあるのか?

若干22歳にして2階級制覇のチャンピオン井上尚弥選手!
2017年以降は果たしてどんな年になるのでしょうか?

また、かねてから対戦が噂されるニカラグアの怪物との対戦も実現するのでしょうか。

CHECK → 元金メダリスト!ボクシング村田諒太【嫁はAKB?】

井上尚弥が本当は戦いたい相手については↓次のページで!

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です