ボクシング井上尚弥【強い!強過ぎる!!】世界戦前からスゴさを評価していた人物とは?

ボクシング 井上尚弥 強い 強過ぎる 評価画像引用元:http://www.diamondblog.jp/

ボクシング界で今最も注目を集めるのボクサーが井上尚弥です。
若干23歳にして記憶にも記録にも残る戦績を残しています。

プロデビュー当時からボクシング関係者以外にも
彼のアスリートとしての潜在能力を高く評価する人物もいました。

「強い、強過ぎる!」ボクシング井上尚弥(いのうえなおや)がプロデビュー直後から高く評価されていたその強さや身体能力について動画で紹介していきます。

世界王座獲得前から井上尚弥を高く評価していたアノ有名アスリート芸能人とは?

スポンサーリンク

ボクシング井上尚弥の戦績が強い!強すぎる!

まず井上尚弥がこれまでに残してきた戦績、
経歴からそのスゴさを紹介していきましょう。

記録づくめのボクシング人生を歩んできた井上尚弥ですが、
その主な功績は以下の3つです。

  • アマチュアボクシング高校7冠
  • プロ6戦目で当時日本人史上最速の世界王座獲得
  • プロ8戦目世界最速での2階級制覇達成

小学校からボクシングを始めた井上尚弥は、
高校では1年間に3つある全国大会<選抜、インターハイ、国体>を
3年間で合計7回も優勝しています!

ちょうど井上尚弥が小学校時代から
日本でもキッズボクシングの歴史がスタートしたこともあり
キッズボクシング育成の最高傑作」と評されてきました。

高校時代の試合の動画等はYOUTUBEにも多数掲載されていますが、
KOの少ないアマチュアの試合にあってバッタバッタと相手をノックアウトしまくっています。

そして高校卒業と同時にプロボクシングの世界に入ります。

現在23歳ですが、
仮にプロではなく大学進学等アマチュアのキャリアを継続していたとしたら、
今年のリオデジャネイロ五輪への出場は確実だったでしょうね。

当時日本人では最速となるプロ6戦目での世界タイトルマッチ獲得も圧倒的な強さで勝利し、8戦目では今度は世界最速で2階級制覇を成し遂げるなど、現在プロ戦績はわずか9戦にして既にものすごい経歴です。

スポンサーリンク

▽▼▽若ハゲにも!待望の新成分!▼▽▼
額なAGAに頼る前にこれを試そう!
↑↑↑売り切れる前にハゲ改善!↑↑↑

井上尚弥の評価をまとめてみた!

次に井上尚弥の評価をまとめて紹介してみましょう。

まず、私が思う井上尚弥の強さの理由は
「下半身と体幹の強さ」「反復練習による驚異的な反応の早さ」にあると思います。

以前NHKの「アスリートの魂~ともに闘う~」の番組では、
小学生時代から指導する父の真吾トレーナーの考案する
「クロスフィットトレーニング」と「徹底した反復練習」が取り上げられていました。

ボクシング井上尚弥【ともに闘う(アスリートの魂)】動画はこちらの記事で紹介しています!

真吾氏は「クロスフィット」という表現こそ用いていませんでしたが、
ロープ登りや坂道での自動車押しなどクロスフィットトレーニングそのもので、
小学生時代からの取り組みで井上尚弥は強靭かつ驚異的な下半身と体幹を作り上げてきたのだと思います。

また父・真吾氏は
「特別なこと、難しいことはせずに、体が覚えるまで反復練習をしてきた」と語っており、これが井上尚弥の超人的な反応速度、スムーズかつ無駄のない動作につながっていると思います。

その他にボクシングの元世界チャンピオンや関係者によると、、、

  • 大橋秀行氏(大橋ボクシングジム会長)
    「怪物ですね。それしか言葉が思い浮かばない。」
  • スイート・サイエンス・ドットコム(米国メディ)
    「向こう10年、トップに君臨する力がある。」
  • フランシスコ・バルカルセル(WBO会長)
    「素晴らしい。あのパンチはモンスターだ。」
  • 村田諒太(ロンドンオリンピック金メダリスト)
    「なおや強すぎる。誰も相手いなくなりましたね。」

毎日練習を見ている所属ジムの会長から、
海外メディア、そして五輪金メダリストまで
幅広いボクシング関係者たちが井上尚弥へ最大級の評価をしていることが分かります。

武井壮が評価する井上尚弥の強さとは?

そんな井上尚弥について、
ボクシング界以外でもアスリートとして高く評価していた人物がいます。

十種競技日本記録所持者でアスリート芸能人の武井壮(たけいそう)です。

その内容についてはYoutubeで
『井上尚弥がいかにスゴイか!武井壮が解説』と検索すれば動画が出て来ます!

動画の中で武井壮が井上尚弥を評価しているのは、、、

神経伝達が早く、運動処理スピード、処理能力がケタ違いに早い。

ということです。

具体的に何が優れているかというと、
相手がパンチを放ってきた瞬間に、どう避けて、
どうカウンターを打って、その後どうディフェンスするか、
というのを相手より何倍も早く瞬時に判断しているというのです。

そしてその理由はセンス、素質によるものではなく、
練習によって発達してきた能力だと評価しています。

これこそが私の思う、
徹底的な反復練習によるものだと思います。

反復練習により脳で考えずして瞬時に体が動いているのです。

そしてその反応についていくだけの身体能力、
運動能力をトレーニングで培ってきたのです。

スポンサーリンク

まとめ

以上「強い!強すぎる!」「モンスター」「怪物」と評価される
井上尚弥の強さの秘密について、動画も含めて紹介してきました。

武井壮が井上尚弥を評価していた動画は
まだ世界チャンピオンになる前でしたが、
数か月後には見事チャンピオンになっています。

ボクシング界のニュースター井上尚弥は、
日本におけるキッズボクシングの発展とクロスフィットトレーニングなど
常識破りの練習方法によって育て上げられてきた努力のボクサーであることに間違いありません。

次戦、2016年5月8日は井上尚弥の驚異的な反応によるカウンターがさく裂することは間違いないでしょう!

▼▼▼▼ CHECK! ▼▼▼▼

井上尚弥がKO出来なかった田口良一とのボクシング試合動画はコチラから

井上尚弥の次戦!【ナルバエスとの再戦がいつか判明!?】ロマゴンとの対戦時期も内定!?

井上尚弥【結婚した嫁は美人女優の〇〇に激似!?】2chの反応が意外!

ボクシング【井上尚弥】弟の井上拓真が見据えるビックリ仰天プランとは!?

▲▲▲▲ CHECK! ▲▲▲▲

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です